499 terms

古文単語

STUDY
PLAY
筋違いだ/つまらない
あいなし
満足していないのに
あかなくに
名残惜しい別れ
あかぬわかれ
ちょっとの間だ
あからさまなり
よそ見/浮気
あからめ
驚いて途方に暮れる
あきる
満足する
あく
さまよい出る/(魂が)宙にさまよう
あくがる
驚きあきれる程だ/情けない
あさまし
驚きあきれる
あさましがる
悪い
あし
朝/翌朝
あした
演奏をなさる/〜(を)なさる
あそばす
管弦の遊び
あそび
管弦を楽しむ
遊ぶ
不誠実だ/浮気だ
あだあだし
はかない/不誠実だ
あだなり
もったいない
あたら
もったいない
あたらし
どうにもならない/つまらない
あじきなし
身分が高い/上品だ
あてやかなり
内情
あない
こちらの内情を伝える
あないす
決して〜(し)てはいけない
あなかしこ〜禁止
無理矢理だ/むやみだ
あながちなり
しっ、静かに
あなかま
結婚させる
あはす
感心する
あはれがる
感心する
あはれむ
しみじみと感じられる
あはれなり
結婚する
あふ
〜しきれない
〜あへず
あっけない
あへなし
〜はよいだろう
〜あへなむ
たくさん
あまた
不思議だ/身分が低い/粗末だ
あやし
不思議に思う
あやしがる
不思議に思う
あやしむ
道理に合わない
あやなし
ひどい/はなはだしい
あやにくなり
ほかの/意外な
あらぬ
丸見えだ/明らかだ
あらはなり
計画/予定
あらまし
理想的だ
あらまほし
ありたい/あってほしい
あらまほし
外出
ありき
かつての/さっきの
ありし/ありつる
もてなす
あるじもうけす
どうしようか/どうしようもない
いかがせむ
どうしようか/どうしようもない
いかがはせむ
どうして/どうにかして
いかで/いかでか
どうして/どうにかして
いかでかは
どのようにして/なんとかして
いかにして
あまり感心しない
いかにぞや
さあ、(一緒に)いらっしゃい
いざさせたまへ
たいそう/すばらしい
いたし
病気になる/骨を折る/世話をする
いたづく
むだだ/手持ち無沙汰で暇だ
いたづらなり
病気になる/骨を折る/世話をする
いたはる
大切に世話をする
いつく
早く/早くも
いつしか
とても
いと
幼い
いときなし
幼い
いとけなし
たいしたことはない
いとしもなし
いっそう
いとど
かわいそうだ/かわいい
いとほし
かわいそうに思う
いとほしがる
かわいそうに思う
いとほしむ
休暇の願いを申し出る
いとままうす
断る
いなぶ/いなむ
行く/(時が)過ぎる
いぬ(往ぬ、去ぬ)
おさない
いはけなし
言ってよこす
いひおこす
知りたい/不審だ
いぶかし
死ぬ
いふかひなくなる
どうしようもない/取るに足りない
いふかひなし
気が晴れない
いぶせし
言うまでもない
いふべきにもあらず
不吉だ
いまいまし
いらっしゃる
います
(人生の)最後/最期
いまはかぎり
姉/妹
いもうと
身分が低い
いやし
情趣/恋愛
いろ
恋愛やものの情趣を好む者
いろごのみ
心の中の想いが顔や態度に表れる
いろにいづ
顔色を変える
いろをうしなふ
お受けする/お聞きする
うけたまはる
つらい/いやだ
うし
心配だ
うしろめたし
心配だ
うしろめたなし
いやなことに
うたて
いやだ/不快だ
うたてあり
宮中/天皇
うち(内裏)
口に出して言う
うちいだす
口に出して言う
うちいづ
突然だ/軽率だ
うちつけなり
かわいらしい/立派だ
うつくし
しっかりした気持ち
うつしごころ
現実/正気
うつつ
色が変わる/(心が)移る
うつろふ
金持ち
うとく
もの慣れていない/気恥ずかしい
うひうひし
天皇/奥様/御座所
うへ
端正だ/親しい
うるはし
訴える
うれふ
訴え/嘆願
うれへ
〜できない
え〜打ち消し
やむをえない
えさらず
何とも言えない程すばらしい
えならず
何とも言いようがない
えもいはず
優美だ/上品だ
えんなり
あらかじめ決める/指図する
おきつ
先立たれる
おくる
よこす
おこす
落ち度/お詫び
おこたり
病気が良くなる
おこたる
仏道修行/勤行
おこなひ
弟/妹
おとうと
音を立てる/訪問する
おとづる
年長の者/主だった人
おとな
大人らしい/年配だ
おとなし
音を立てる/手紙を出す/訪れる
おとなふ
噂に聞く/評判が高い
おとにきく
自然に/偶然に/万一
おのづから
いらっしゃる/〜ていらっしゃる
おはす/おはします
評判/寵愛(を受けること)
おぼえ
まったく〜ない
おほかた〜打ち消し
身の程知らずだ
おほけなし
おっしゃる
おほす
お思いになる
おぼす/おぼしめす
ぼんやりしている/気がかりだ
おぼつかなし
明かりをおつけする
おほとなぶらまいる
朝廷/天皇
おほやけ
公務/朝廷の儀式
おほやけごと
思われる/似る/思い出す
おぼゆ
並々ではない
おぼろけならず
並み一通りだ/並々ではない
おぼろけなり
(景色などが)すばらしい/興趣がある
おもしろし
思いがけない
思はずなり
あらかじめ心に決める
おもひおきつ
想像する
おもひやる
お思いになる
おもほす/おもほしめす
成長する/大人びる
およすく
おろそかだ
おろかなり
このようだ
かかり
悲しみが心を暗くする
かきくらす
悲しみで心が暗くなる
かきくる
(人生の)最期/すべて/だけ
かぎり
死出の旅路
かぎりあるみち
このように
かく
このようにして
かくて
亡くなる
かくる
光/姿
かげ
不平を言う
かこつ
不平/口実
かごと
恐れ多い/すばらしい
かしこし
お礼/お詫び/謹慎
かしこまり
つつしんで正座する/お礼を言う
かしこまる
大切に養育する/大切に世話をする
かしづく
取るに足りない
かずならず
頑固だ/情趣を解さない
かたくななり
恐れ多い/ありがたい
かたじけなし
容貌
かたち
出家する
かたちをかふ
見苦しい/気の毒だ/恥ずかしい
かたはらいたし
思い出の品
かたみ
互いに
かたみに
交際する
かたらふ
歩いて行く事
かちぢ
歩いて行く人
かちびと
歩いて
かちより
一方では/すぐに
かつ
(ほうびを)いただく/(ほうびを)与える
かづく(被く)
水に潜る
かづく(潜く)
褒美として与える品物
かづけもの
いとしい/かわいい
かなし
かわいがる
かなしうす
かわいがる
かなしぶ
かわいがる
かなしむ
前もって/〜前から
かねて
この程度/これだけ
かばかり
気の毒だ/恥ずかしい
かはゆし
準備する/計画する
かまふ
注意して/ぜひとも/決して
かまへて
訪れが途絶える
かる
うわさ/評判
きこえ
お聞きになる/召し上がる
きこしめす
きこえる/世間に知られる/理解できる
きこゆ
申し上げる/〜申し上げる
きこゆ/きこえさす
身分/程度
きは
天皇のお出かけ/皇后、皇太子などのお出かけ/上皇、法皇、女院のお出かけ
ぎやうがう(行幸)/ぎやうけい(行啓)/ごかう(御幸)
おもしろい
きょうあり
おもしろがる
きょうず
きれいだ
きよげなり
美しい
きよらなり
連れる/連れ立つ/添える
具す
自分の口で
くちづから
残念だ
くちをし
暗い所/人目につかない所
くま
暗い所が無い/行き届かない所が無い
くまなし
宮中
くものうへ
殿上人
くものうへびと
宮中/天上/遠く離れた所
くもい
悔やまれる
くやし
不気味だ/うとましい
けうとし
異様だ
けし
悪くはない
けしうはあらず
異様だ
けしからず
様子/機嫌/思い
けしき
兆しが見える
けしきだつ
ほんの形だけ
けしきばかり
兆しが見える
けしきばむ
身近だ/親しみやすい
けぢかし
区別/違い
けぢめ
疎遠だ/近寄りがたい
けどほし
様子
けはひ
疲れる
こうず
気持ち/病気
ここち
情趣を解する心
こころ
つらい/いやだ
こころうし
つらい/気の毒だ
こころぐるし
物思いに心を使い果たす事
こころづくし
愛情/贈り物
こころざし
自分の心から
こころと(して)
自分の心からではなく
こころならず
心遣い/気だて
こころばせ
心遣い/性格/趣
こころばへ
無風流だ/無骨だ
こちごちし
仰々しい
こちたし
無風流だ/無骨だ
こちなし
おおげさだ
ことごとし
別である/違う〜
ことなり
変わっている
ことやうなり
当然だ
ことわりなり
道理を明らかにする
ことわる
心を込めている/色が濃い
こまやかなり
格段である/格段に劣っている
こよなし
物足りない
さうざうし
ためらわない/無造作だ
さうなし(左右なし)
並ぶ者が無い
さうなし(双なし)
性質/欠点
さが
かしこい/こざかしい
さかし
おせっかい
さかしら
性質が良くない/いたずらだ
さがなし
閉める/途中で〜するのをやめる
さす(鎖す)
そうはいってもやはり、そうもいかない
さすがなり
たいした
させる
評議/指図/処置
さた
そのまま/そのほかの
さて
そのままで通用するだろう
さてありぬべし
いつまでもそのままではいられないので
さてしもあるべきことならねば
じっか
さと
そのまま/全部
さながら
その程度/非常に
さばかり
妨げられる
さはる
どうにでもなれ
さはれ
お仕えする/〜ます
さぶらふ
そのようだ
さり
だからといって
さりとて
いくらなんでも
さりとも
避ける/断る
さる(避る)
時がくる/離縁する
さる(去る)
そのようなこと/もっともなこと
さること
そうするのが適当な/そうなるはずの
さるべき
そうなる運命だったのだろうか
さるべきにや(ありけむ)
思った通りだ
さればよ/さればこそ
そのように
しか
そのまま/全部
しかしながら
そのようだ
しかり
そうするのが適当な/そうなるはずの
しかるべき
ふさわしい/立派だ
しかるべし
あれこれ言う必要が無い
仔細に及ばず
処理する/用意する/取り締まる
したたむ
後を追う/恋しく思う
したふ
無造作だ/乱れている
しどけなし
身分/家柄
しな
明白だ/〜もそのとおりに
しるし(形)
ご存知である/お治めになる
しろしめす
恋の道の事
すきごと
好色めいている/風流だ
すきずきし
好色な人/風流人
すきびと
恋の道を好む/風流を好む
すく
あてもない/おもいがけない
すずろなり
ていこうする
すまふ
通う
すむ
切実だ/ひたすら
せちなり
無理矢理/非常に
せめて
あてもない/思いがけない
そぞろなり
そのとき/その昔
そのかみ
横を向く
そばむ
落ち着かない/根拠が無い
そらなり
今/そのとき
たうじ
お与えになる/お〜になる
たうぶ
様子が普通ではない/心が平静でない
ただならず
手だて/手段
たづき
差し上げる/〜申し上げる/召し上がる
たてまつる
裕福だ
たのし
あてにする/あてにさせる
たのむ
あてにできる/裕福だ
たのもし
工夫する/だます
たばかる
お与えになる/お〜になる
たぶ
偶然だ/万一
たまさかなり
お与えになる
たまはす
いただく
たまはる
お与えになる/お〜になる
たまふ(四段)
〜ております
たまふ(下二)
例/語りぐさ
ためし
静養する/気を静める
ためらふ
頼れるもの/縁故/便宜/機会
たより
約束/宿縁/逢瀬
ちぎり
夫婦の約束をする
ちぎる
月の初め
ついたち
順序/機会
ついで
ひざまずく
ついいる
お仕え申し上げる/〜申し上げる
つかうまつる
おやりになる/お与えになる/贈る
つかはす
お仕え申し上げる/〜申し上げる
つかまつる
何ヶ月もの間
つきごろ
しんみりと
つくづくと
月末
つごもり
下手だ/劣っている/下品だ/不運だ
つたなし
気が引ける
つつまし
気が引ける/隠す
つつむ
旅の土産/贈り物
つと
仏道修行に励む
つとむ
さき/きっかけ
つま
露/ほんのすこしであること
つゆ
薄情だ/むごい
つらし
もの寂しい気持ち
つれづれ
しんみりと寂しく
つれづれと
退屈だ
つれづれなり
平然としている/冷淡だ
つれなし
素知らぬ振りをする
つれなしづくる
筆跡/演奏法
自分の手で
てづから
傷を負う
てをおふ
欠点/罪
とが
あれこれと
とかく
気に留める/不審に思う
とがむ
時流に乗って栄える
ときにあふ
寵愛する
ときめかす
寵愛される
ときめく
早く/すでに
とく(副)
お金
とく(名)
いっぱいだ/窮屈だ/おおげさだ
ところせし
速い/早い
とし
どのようにしても
とてもかくても
訪ねる/見舞う
とふ
訪れる/見舞う/弔問する
とぶらふ
ともかくも
とまれかくまれ
急だ/すぐに
とみなり
それほど遠くはない昔
なかごろ
かえって〜しないほうがましだ
なかなかなり
男女間の情愛/情趣を解する心
なさけ
情趣を解さない
なさけなし
好ましい
なつかし
どうして
なでふ/なんでふ(副)
なんという
なでふ/なんでふ(連体)
どうして
など/などか/などて/などてか/なに/なにか/なにかは
並み一通りだ/いいかげんだ
なのめなり
並々ではない
なべてならず
優美だ
なまめかし
優美に見える
なまめく
無礼だ/無作法だ
なめげなり
無礼だ/無作法だ
なめし
病気である/心を痛めている
なやまし
病気で苦しむ
なやむ
習慣
ならひ
慣れる/親しむ
ならふ
習慣となる/打ち解ける
なる
つややかな美しさ
にほひ
しゃくにさわる
ねたし
成長するに連れてすばらしくなる
ねびまさる
熱心だ/親しい
ねんごろなり
祈る/がまんする
ねんず
葬儀/葬送
のちのわざ
たよりない/ちょっとした
はかなし
しっかりしている/はっきりしている
はかばかし
だます
はかる
はげしい/決まりが悪い
はしたなし
一方ではまた
はた
お仕えする/〜ます
はべる
以前/すでに/なんとまあ
はやく
兄弟姉妹
はらから
〜違い(間違い、誤解)
ひが〜(ひがごと、ひがごころ)
人のせいではなく、自分の心からする
ひとやりならず
独り言を言う
ひとりごつ
一日中
ひねもす
一日中
ひひとひ
隙間/絶え間/すき
ひま
隙間が無い/絶え間が無い
ひまなし
手紙/漢詩/漢籍
ふみ
古都/なじみのある土地/実家
ふるさと
残念だ/不本意だ
ほいなし
時/あたり/身分/様子
ほど
〜しているうちに/〜ので
ほどに
それぞれの身分
ほどほど
準備する
まうく
準備/ごちそう
まうけ
参上する/参詣する
まうづ
参上する/参ります
まうでく
退出する/出かけます
まかづ
不吉だ/憎らしい
まがまがし
退出する/参ります/〜申す
まかる
よくない/見苦しい
まさなし
早く/もう
まだき
まだ時期が早い/不十分だ
まだし
翌月
またのつき
翌年
またのとし
翌日
またのひ
政治を行う
まつりごつ
心を乱れさせる
まどはす
心が乱れる/途方に暮れる
まどふ
見ていられない/恥ずかしい
まばゆし
実生活向きなこと
まめごと
まじめな人
まめびと
まじめだ/実生活向きだ
まめまめし
まじめだ/実生活向きだ/本格的だ
まめやかなり
客の主たる人
まらうとざね
差し上げる/〜申し上げる
まいらす
参上する/差し上げる/召し上がる
まいる
こちらの方を見る
みおこす
格子をお上げする
みかうしまいる
見せる/結婚させる
みす
月末
みそか(名)
ひそかだ
みそかなり
取り乱した心/病気
みだりごこち
自分から
みづから
容貌
みめ
見える/姿を見せる
みゆ
(天皇や皇族の)おでかけ
みゆき
みる/結婚する
みる
不気味だ
むくつけし
まったくひどい/むやみだ
むげなり
うっとうしい/わずらわしい
むつかし
不快に思う
むつかる
空である/むだだ
むなし
なるほど
むべ
気に食わない
めざまし
お呼び寄せになる/召し上がる
めす
感嘆する/愛する
めづ
すばらしい
めづらし
すばらしい
めでたし
見苦しくない
めやすし
振る舞う/取り扱う/もてはやす
もてなす
正気である/道理をわきまえている
ものおぼゆ
話/物語
ものがたり
いる/行く/来る
ものす
呆然としている/道理をわきまえない
ものもおぼえず
重々しい
ものものし
わけ/手段/こと
やう
優雅だ/けなげだ
やさし
心穏やかでない
やすからず
立ち止まる/ためらう
やすらふ
地味な格好にする
やつす/やつる
そっと
やはら
高貴だ/この上ない
やんごとなし
だんだん/ちょっと
やや
送ってやる
やる
そっと
やをら
見たそうだ/知りたそうだ
ゆかしげなり
不吉だ/すばらしい/はなはだしい
ゆゆし
理由/品格/風情
ゆえ
品格がある/風情がある
ゆえゆえし
男女の仲
よ/よのなか
よい
よし(形)
縁/方法/風情/事情/そぶり
よし(名)
関係がない/つまらない
よしなし
風情ありげに見せる
よしばむ
無縁だ
よそなり
ありきたりだ/月並みな表現だ
よのつねなり
一晩中
よひとよ
〜よりいっそう
〜よりけに
もの慣れている/気品がある
らうあり
乱雑だ/騒がしい
らうがはし
かわいらしい
らうたげなり
かわいい
らうたし
もの慣れている/気品がある
らうらうじ
いつものようでない/病気である
例ならず
仏事/こと
わざ
わざわざ/特別に/本格的な
わざと
わざとらしくない
わざとならず
行く/ずっと〜する
わたる
思い悩む/苦労する
わづらふ
震え声
わななきごえ
震える/ざわめく
わななく
辛い/興ざめだ
わびし
辛いと嘆く
わぶ
道理に合わない/並々ではない
わりなし
座る/〜ている/連れる
いる
かわいらしい
をかしげなり
愚かしい
をこがまし
愚かだ
をこなり
ほとんど〜ない
をさをさ〜打ち消し
ちょうどそのとき
をりから
他におりもあろうに
をりしもあれ
ちょうどそのとき/季節
をりふし